顔のほくろどうにかしたい!ほくろ除去なら皮膚科やクリニック受診を

切開と切除法について

女性

ほくろ除去の方法として切開と切除がありますが、どんな違いがあるのでしょうか?切開する方法は、その名の通りほくろを切り開いて除去を行います。治療の前に麻酔を行うので、痛みが強くならないようにします。切開が終わると、切り開いた部分を縫い合わせて終了になります。ほくろの組織ごと切除するので再発しにくい良さがあります。術後すぐは切開した傷が残りますが、皮膚科や美容クリニックで抜糸を行って三ヶ月を過ぎる頃には除去の傷跡も術後と比べると綺麗になっています。一か月ほど経つと術後と比べると赤みも目立ちにくくなるので、化粧をすると傷跡をカバーする事ができます。また、定期的に皮膚科に受診し医師に診てもらう事で、医師が傷跡に合わせてその時に適したアフターケアを行ってくれるので傷跡が残る心配はありません。切開法は、ほくろが大きいほど切開法に向いています。反対に、一ミリ程度のほくろの場合はサイズが小さいので切開法で除去を行うのは難しいこともあるようです。小さいほくろ以外には広く対応する事ができます。

他に、似たようなほくろ治療の方法として切除法があります。ほくろの状態で隆起しているものがあります。そのようなほくろだと切開法で治療をしても完全にほくろをとる事ができません。切除法だと、メスで隆起したほくろを切り取るのでほくろの組織ごと切除ができ、切除法によってほくろが再発する心配もありません。ただ、切除法の場合は切開術と比べると傷跡が大きくなりやすいです。傷跡が残らないように、医師から指示されるアフターケアの方法を行う事で綺麗な肌に直す事が可能です。ほくろ切除法は、切開術よりも傷が広いので傷が目立たなくなるまでに早くて一か月から長くても半年かかります。完治するまでが長い理由は、肌にできたほくろを全てくりぬくからです。切除法はほくろが隆起しているほど、むいている方法です。しかし、ほくろに直接アプローチする方法なので医師の定期健診が必要不可欠なことは覚えておきましょう。ほくろの隆起具合では、切開でも行えるほくろがあるのでよく医師と相談することが大切です。医師とよく話し合いますが、どんな方法で施術を行うかは治療を受ける患者が決める事なので納得するまで相談してから治療を行いましょう。
また、相談を行っても必ず除去を行う必要はないのでほくろが気になる人は皮膚科や美容クリニックへの診察だけを行うという方法もあります。病院を利用せず自力でほくろを除去しようとする人もいますが、自分で行うと傷口から菌が入り肌トラブルを起こす原因になってしまううので、除去を考えている人は必ず専門機関を利用しましょう。ほくろ除去のために利用する機関は皮膚科や美容クリニックが主ですが、どこを選ぶかはしっかり比較した上で決めるようにしましょう。クリニックと病院では治療に掛かる費用が変わってきます。ですが、料金が違う分、他の方法にも力を入れている所が多いです。自分が受けたい効果や治療法がある専門機関を利用するようにしましょう。治療を受ける前には、複数の皮膚科やクリニックを比較する事が大切です。公式サイトで情報を得る事ができますが、口コミサイトを利用するとおすすめの専門機関を紹介してくれるので、迷っている人におすすめです。

Copyright© 2019 顔のほくろどうにかしたい!ほくろ除去なら皮膚科やクリニック受診を All Rights Reserved.