顔のほくろどうにかしたい!ほくろ除去なら皮膚科やクリニック受診を

生活改善でほくろ除去

看護師

ほくろが発生する要因として、先天性のものと後天性のものがあります。いつの間にかほくろが増えていたという人は、後天性の人である場合が多いです。そのほくろが増える原因は、紫外線にあります。ほくろは除去する事もできますが、増えるたびにほくろ除去をしていると費用が掛かるので、その前に自分でほくろができないように対策を取る事が大切です。ほくろを対策の方法として、まずは紫外線対策が重要です。日焼け止めをこまめに塗ったり、日中外に出る場合は日傘や帽子で顔に当たる紫外線を遮断しましょう。他にも、長袖やレッグウォーマーを着用して腕を紫外線から守る事も忘れずにしましょう。ほくろができる原因の大部分は紫外線によるものですが、他にもあります。それは生活習慣の乱れやストレス、ホルモンバランスの低下です。生活習慣を見直して運動を適度に行うと新陳代謝が活発になり、ほくろができる原因であるメラニン色素が出ていくので予防に繋がります。また、運動は日頃のストレスを発散するのに最適な方法です。

ほくろを除去したい場合は、まずは皮膚科や美容クリニックに相談をしてから行うようにしましょう。ほくろの除去方法は、ほくろの種類や除去の仕方で違います。専門の医師が行うので、ほくろに関する疑問があれば質問すると良いですよ。医師の診断で最適な治療プランを組んでくれます。ほくろ除去の方法は、レーザー治療とほくろを直接切開や切除する方法があります。ほくろの大きさが小さい場合は、レーザー治療が、盛り上がっているほくろの場合は切開や切除する方法がおすすめです。レーザ治療の場合は痛みが少ないですが、切開や切除する場合はレーザー治療よりも痛みが伴いやすいです。ですが、負担のないように麻酔を行うので治療に伴う痛みを軽減してくれます。治療が終わった後は、定期的に取ったほくろの状態を医師に見せる必要があります。術後も観察を継続する事で再発防止を行ってくれます。
また、この他にほくろができているけれど、色が薄くてあまり目立たたないほくろ向けの治療法があることを知っておきましょう。光美白とピーリングという方法があります。レーザーを使った光美白を数回受けることで、ほくろ除去が叶うのです。また、ピーリングは肌の表面のいらない角質を剥がして、新しい肌の再生を促す方法です。ほくろ除去だけでなく、しみやくすみにも効果があるので肌質改善をしたい人にもおすすめです。もしも、施術を検討する場合は治療方法で料金やアフターケアが変わるので、よく医師と話し合って決めるようにしましょう。また、皮膚科やクリニックによって治療方法も違います。自分が安心して治療を任せられるクリニックを選択しましょう。

Copyright© 2019 顔のほくろどうにかしたい!ほくろ除去なら皮膚科やクリニック受診を All Rights Reserved.