顔のほくろどうにかしたい!ほくろ除去なら皮膚科やクリニック受診を

生活改善でほくろ除去

看護師

ほくろができる要因はいくつかあります。紫外線や食生活の乱れ、ストレスによってもできやすくなります。ほくろの発生を防ぎたい人は、日ごろから紫外線対策や規則正しい食生活を心掛けましょう。もしもほくろ除去したいときはクリニックに相談することです。

詳しく見る

切開と切除法について

女性

ほくろ除去方法には切開法と切除法があります。切開と切除を選ぶ基準として、ほくろが隆起しているものなのかしていないものなのかで選ぶ事ができます。隆起しているほくろの場合は、切除法がおすすめです。

詳しく見る

レーザー治療の種類

女性

医療の進歩により最近ではレーザー治療でほくろ除去をする事ができます。レーザー治療は、メスを使って行う術式と比べると痛みが少ないというメリットがあります。また、施術時間が少ないです。

詳しく見る

ほくろができる原因

鏡を見る婦人

紫外線を浴び続けていると、いつの間にか顔に黒いデキモノのようなものができている時があります。これは俗にいうほくろというものです。先天的にできるほくろの他に、できる原因が紫外線によるものです。肌にあるメラニンという成分が紫外線を浴びると活性化が起こり、皮膚が変異を起こしてほくろになります。ほくろ除去は皮膚科を受診して除去する事も可能ですか、美容クリニックを利用しても除去が可能です。ほくろを除去するのかどうかは本人の自由ですが、ほくろには悪性と良性の二種類あり悪性の場合は除去した方が良いです。その理由として、悪性のほくろをそのままにしておくと他の病気の原因となってしまうからです。まずは専門機関を受診して判断してもらいましょう。

顔にできたほくろが悪性だった場合、ほくろの原因が紫外線じゃない可能性もあります。ほくろと似ているがんとして、メラノーマというものがあります。メラノーマは皮膚がんの一種で、初期状態だと気づきにくいです。ですが、メラノーマは転移が早いので気づいた時には体中に転移をしていたという事があります。ほくろが前よりも大きくなったり、色にムラが出始めたらメラノーマの可能性が高いです。なので、異変に気づいたらすぐに皮膚科を受診して治療してもらいましょう。もちろん悪性のほくろでなくても希望する場合は除去する事ができます。その場合、まずは皮膚科や美容外科、美容クリニックに相談してから除去してもらいましょう。ただ、その前にクリニックと皮膚科では治療に掛かる費用が異なるので比較が大切です。

ほくろが顔のような目立つ場所に出来てしまった場合、専門機関を利用せず自分でほくろを除去する人がいます。自分でほくろを除去する場合、ほくろ除去に掛かる費用を抑える事ができ、気軽に試す事ができます。ですが、安全性が低く方法を間違うと肌トラブルを起こしてしまう可能性が高いです。また、効果が出るまで継続して回数をこなす必要があります。自分でほくろ除去を行う方法として、ほくろ除去クリームを利用する方法があります。販売されている除去クリームの中には、ヒマシ油と重曹を混ぜ合わせて作っているものがありますが、自分で作ることもできるようです。ただし、化学薬品を使って皮膚を意図的に炎症させ自己治癒能力でほくろを直す方法なので、トラブルが起こることを頭に入れておかなければなりません。失敗する事によって肌に跡が残ってしまう可能性があるのです。他にも、もぐさを利用してほくろを治療する方法があります。除去後に跡が残りにくく、試しやすい方法です。やり方は簡単で、もぐさをほくろにのせ線香を使って火をつけるというものです。ただ、いくら簡単でも分量を間違えるとやけどの恐れがあるので注意が必要です。また、確実にほくろが取れる訳ではないので確実性が低いです。ほくろを除去する方法として自分で行う場合避けてほしいのが、ハサミや安全ピンを使ってほくろを傷つける事です。この方法を行うと、ほくろの傷口から菌が入り込む危険性が高いからです。安全性や確実性が高いほくろ除去の方法は、やはり病院の皮膚科やクリニックを利用するのが一番です。ほくろで悩みを抱えている場合は、一度皮膚科やクリニックを利用して診断するのがおすすめです。相談を無料で行っている所も多いので、気軽に利用しやすいです。もしも、相談をする場合は、公式サイトに応募フォームを設けている所が多いのでまずは予約をいれましょう。直接電話をして予約を取る事も可能です。

病院にて除去をお願いするとしても、スムーズに当日は施術を完了させたいですよね。ほくろにはがんの可能性があるものと、通常のほくろがあります。まずは、しっかりと見分けられる事が大切です。皮膚科やクリニックを利用して診断する事もできますが、自分で見分けられるようになるとがんの早期発見にも繋がります。まず、ほくろの形を確認しましょう。通常のほくろの形は左右対称です。一方の形が崩れている場合は、がんの可能性が高いです。また、ほくろの縁が曖昧であったり、でこぼこしたりしているほくろも危険です。その理由として、通常のほくろは丸い形をしていて肌とほくろの境界線がはっきりとしているものが多いからです。そして、ほくろの色も重要です。ほくろに黒やピンク、茶色が混ざっていないか確かめておきましょう。ほくろの色は一色きりなので、他の色が混ざっている場合はがんである可能性があります。

Copyright© 2019 顔のほくろどうにかしたい!ほくろ除去なら皮膚科やクリニック受診を All Rights Reserved.